神戸の帰化申請なら、チアフル行政書士事務所

HOME » 帰化申請(国籍別) » 韓国人の帰化申請 | 神戸帰化申請ステーションズ

韓国人の帰化申請

韓国人の帰化申請

韓国人の帰化申請については、特別永住者の方を対象として記載しております。韓国人の帰化申請で最も苦労するのは身分証明書の翻訳ではないかと思います。特に年配の方が申請する場合の除籍謄本の量とその翻訳が最大の山場となりえます。以下韓国人の帰化申請について、1⃣スケジュール(韓国籍)、2⃣必要書類(韓国籍)、3⃣韓国人ならではの注意点、4⃣帰化申請の費用・料金(韓国籍)をまとめています。
 
 

※普通帰化の6つの条件

  1. 住所要件 : 引き続き5年以上日本に住所を有すること
  2. 能力要件 : 20歳以上で、本国法によって能力を有すること
  3. 素行要件 : 素行が善良であること(納税、犯罪等の有無)
  4. 生計要件 : 自己または生計を一にする配偶者その他の親族の資産または技能によって生計を営むことができること
  5. 重国籍防止の条件 : 帰化によって重国籍にならないこと
  6. 不法団体条件 : 暴力団等の団体に属していないこと

 
※特別永住者の方は1.住所要件と5.重国籍防止の条件は問われません。また、家族で同時申請する場合は2.能力要件も問題になりません。
 
 
書類で判断されるのは、残りの納税、交通違反等の3.素行要件と世帯ごとの4.生計要件、そして反国家的あるいは暴力的な団体に属していないかの6.不法団体条件ということになります。これらをクリアーにしていくことで帰化許可を得ることができます。
 

≪目次≫
1⃣スケジュール(韓国籍)
2⃣必要書類(韓国籍)
3⃣韓国人ならではの注意点
4⃣帰化申請の費用・料金(韓国籍)
5⃣韓国人の帰化申請のご相談

 
 

1⃣スケジュール(韓国籍)

帰化申請のスケジュールは大まかに下記記載のようになります。
 

  1. ご相談(無料)
  2. 委任状の作成
  3. 行政書士からの質問書の送付
  4. 日本で取得できる書類の取得(有効期限を考慮)
  5. 韓国で取得できる書類の取得
  6. 法務省からの資料の送付
  7. 帰化申請書の作成
  8. 作成書類の確認
  9. 法務局への最終相談
  10. 法務局への書類一式提出(本人申請・20~30分)
  11. 法務局での最終面談(本人・1時間)
  12. 帰化許可(この時点で業務終了)
  13. 市区町村役場にて帰化届
  14. 各種名義変更(本名で作成していたもの)
  15. 日本パスポートの作成

 
ご相談から帰化許可までだいたい6~8ヶ月かかります。
 
 

2⃣必要書類(韓国籍)

韓国人の帰化申請の場合の必要書類は以下の通りになります。
 

  1. 法務局備付の書類
    1. 帰化申請書
    2. 帰化の動機書
    3. 親族の概要書
    4. 履歴書(その1、その2)
    5. 生計の概要書
    6. 在勤及び給与明細書
    7. 居宅付近の略図
    8. 職場付近の略図
    9. 宣誓書
    10. 事業の概要書(個人事業主・法人経営者のみ)
  2. 市区町村役場にて取得するもの
    1. 出生届記載事項証明書
    2. 認知届記載事項証明書
    3. 死亡届記載事項証明書
    4. 婚姻届記載事項証明書
    5. 離婚届記載事項証明書
    6. 養子縁組届記載事項証明書
    7. 養子離縁届記載事項証明書
    8. 保存されていないことの証明書
    9. 戸籍謄本(親族に日本人がいる場合)
    10. 住民票の写し
  3. 法務省で取得するもの
    1. 閉鎖された外国人登録原票の写し
    2. 出入国履歴証明書
  4. 申請者が用意するもの
    1. 在留カード(特別永住者証)
    2. 運転免許証
    3. パスポート
    4. 資格証明書
    5. 賃貸借契約書の写し
    6. 自宅内の写真
    7. 通帳の写し
    8. スナップ写真
    9. 最終学歴の卒業証書
    10. 給与明細書
    11. 営業許可書(個人事業主・法人経営者のみ)
    12. 事業免許(個人事業主・法人経営者のみ)
  5. 韓国から取得する書類
    1. 家族関係証明書
    2. 基本証明書
    3. 婚姻関係証明書
    4. 入養関係証明書
    5. 親養子入養関係証明書
    6. 従前戸籍法による除籍謄本
    7. これらの翻訳文
  6. 法務局で取得するもの
    1. 不動産の登記事項証明書
    2. 法人の登記事項証明書(法人経営者・役員のみ)
  7. 納税関係の書類
    1. 源泉徴収票(直近1年分)
    2. 送金証明書(父母を扶養している場合)
    3. 上申書(父母を扶養している場合)
    4. 市民税納税証明書(直近1年分)
    5. 市民税課税(非課税)証明書
  8. 個人事業主の納税書類
    1. 所得税納税証明書(その1、その2)
    2. 消費税納税証明書
    3. 確定申告書の控えの写し
    4. 事業税納税証明書
    5. 源泉徴収簿の写し
    6. 源泉所得税の納付書の写し(直近1年分)
  9. 法人経営者・会社役員の納税書類
    1. 法人市民税納税証明書(直近1年分)
    2. 法人県民税納税証明書(直近1年分)
    3. 法人事業税納税証明書
    4. 法人税納税証明書(その1、その2)
    5. 法人消費税納税証明書
    6. 確定申告書の写し
    7. 源泉徴収簿の写し
    8. 源泉徴収後の納付書の写し
    9. 年金保険料の領収書の写し
  10. その他の書類
    1. 公的年金関係書類
    2. 運転記録証明書(過去5年分)
    3. 運転経歴証明書
    4. 診断書
    5. 母子手帳の写し
    6. その他適宜

 

 
 

3⃣韓国人ならではの注意点

特別永住者の方の場合で韓国語(ハングル文字)が読めない方は、翻訳を外注するか自力で翻訳文を作成しなければなりません。まず申請者の父母の出生時までの除籍謄本を取り寄せて、そこから翻訳する箇所を限定していくということが費用を抑えるポイントになってくるかと思います。
 

 
 

4⃣帰化申請の費用・料金(韓国籍)

帰化申請の料金はこちらからご覧ください。(⇒神戸、大阪の帰化申請の料金表
以下は、ご自分で申請される場合の費用を記載しております。
 
 
【韓国人の帰化申請の費用】 ※役所によって異なる場合があります。

  1. 出生届記載事項証明書 : 1部350円
  2. 死亡届記載事項証明書 : 1部350円
  3. 婚姻届記載事項証明書 : 1部350円
  4. 離婚届記載事項証明書 : 1部350円
  5. 養子縁組届記載事項証明書 : 1部350円
  6. 保存されていないことの証明書 : 1部350円
  7. 住民票 : 1部300円
  8. 戸籍謄本 : 1部450円
  9. 閉鎖された外国人登録原票の写し : 1部300円
  10. 出入国記録証明書 : 1部300円
  11. 家族関係登録簿 : 1部120円
  12. 韓国除籍謄本 : 1部120円
  13. 不動産の登記事項証明書 : 1部480円~600円
  14. 法人の登記事項証明書 : 1部480円~600円
  15. 市民税納税証明書 : 1部250円
  16. 市民税課税(非課税)証明書 : 1部250円
  17. 所得税納税証明書(その1,2) : 1部400円
  18. 消費税納税証明書 : 1部400円
  19. 事業税納税証明書 : 1部400円
  20. 法人市民税納税証明書 : 1部250円
  21. 法人県民税納税証明書 : 1部400円
  22. 法人事業税納税証明書 : 1部400円
  23. 法人税納税証明書(その1,2) : 1部400円
  24. 法人消費税納税証明書 : 1部400円
  25. 運転記録証明書 : 1部630円

 
家族4人で同時申請した場合、おおよそ20,000~30,000円費用がかかると考えても良いでしょう。
 
 

5⃣韓国人の帰化申請のご相談

当事務所では、帰化申請、VISA申請のご相談は無料で行っております。もしご自分で帰化申請できるのかどうかご不明な方はお気軽にご相談ください。
 
 
当事務所(チアフル行政書士事務所)へのご相談は下記をクリックしてください。


     ☟   ☟   ☟
 
→ 神戸・大阪の帰化申請無料相談

 
 

お問い合わせはこちら

チアフル行政書士事務所
代表者 行政書士 田中克昌
所在地 〒657-0862 兵庫県神戸市灘区浜田町3-1-8-3A
TEL:078-855-8448
FAX:078-855-8355
MAIL:info@kobekika.info
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時まで 日曜祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab