神戸の帰化申請なら、チアフル行政書士事務所

HOME » 帰化申請(基礎編) » 国籍法を分かりやすく解説④ | 神戸帰化申請ステーションズ

国籍法を分かりやすく解説④

国籍法を分かりやすく解説④

第11条(自らの志望での外国籍取得による日本国籍の喪失)

  1. 日本人は、自らの志望によって外国籍を取得した時は、日本国籍を失う。
     

    自らの意思による外国籍への帰化 = 日本国籍の喪失
  2.  

  3. 外国籍を有する日本人は、その外国の法令によりその国の国籍を選択した時は、日本国籍を失う。
     

    外国籍を選択した時 = 日本国籍の喪失

 

第12条(国籍不留保による日本国籍の喪失)

  1. 出生により外国籍を取得した日本人で国外で生まれた者は、戸籍法に定める日本国籍を留保する意思表をしなければ、出生の時にさかのぼって日本国籍を失う。
     

    外国で生まれた日本人 + 出生により外国籍を取得した重国籍者 ⇒ 出生の日より3カ月以内に国籍留保の届け出をしないと日本国籍を失う(戸籍法104条)

     

    戸籍法104条(国籍留保の意思表示の届け出)

    1. 国籍留保の意思表示は、出生の届け出をすることができるものが、出生の日から3カ月以内にしなければならない。
    2. 前項の届出は、出生届と一緒にしなければならない。
    3. 天災や責めに帰することができない事由によって、3カ月以内にできない場合は、できるようになった時から14日以内にしなければならない。

 
 


 
 

第13条(外国籍の選択による日本国籍の喪失)

  1. 外国籍を有する日本人は、法務大臣に届け出ることによって、日本国籍を離脱することができる。
     

    外国籍を有する日本人 + 外国籍選択の届け出 = 日本国籍の離脱
    ※この場合、国籍喪失届の提出の有無にかかわらず、日本国籍を失う。
  2.  

  3. 前項の規定による届け出をしたものは、その届出の時に日本国籍を失う。
     

    外国籍を選択した日 = 日本国籍の喪失日

 

第14条(国籍の選択)

  1. 外国籍を有する日本人は、外国及び日本の国籍を有することになった時が、20歳に達する以前であるときは22歳に達するまでに、その時が20歳に達した後であるときは、2年以内に、いずれかの国籍を選択しなければならない。
     

    • 未成年が重国籍になった時 = 22歳になるまでに国籍を選択
    • 成年が重国籍になった時 = その時から2年以内に国籍を選択

     

    重国籍が発生する主な要因

    • 出生
    • 婚姻
    • 認知
    • 養子縁組
  2.  

  3. 日本国籍の選択は、外国籍を離脱することによるほかは、戸籍法の定めにより、日本国籍を選択し、かつ、外国籍を離脱する旨の宣言(選択の宣言)をすることによってする。
     

    日本国籍の選択の方法(2種類)

    1. 外国籍を離脱する方法
      • 外国の法令により、その国の国籍を離脱した場合は、その離脱証明書を添付して市区町村役場または大使館・領事館に外国国籍喪失届を提出します。
    2.  

    3. 日本国籍の選択の宣言をする方法
      • 市区町村役場または大使館・領事館に「日本の国籍を選択し、外国の国籍を放棄する」旨の国籍選択届を提出します。

お問い合わせはこちら

チアフル行政書士事務所
代表者 行政書士 田中克昌
所在地 〒657-0862 兵庫県神戸市灘区浜田町3-1-8-3A
TEL:078-855-8448
FAX:078-855-8355
MAIL:info@kobekika.info
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時まで 日曜祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab