神戸の帰化申請なら、チアフル行政書士事務所

HOME » 帰化申請(基礎編) » 国籍法を分かりやすく解説① | 神戸帰化申請ステーションズ

国籍法を分かりやすく解説①

国籍法を分かりやすく解説①

日本国籍に関する法律である国籍法について分かりやすく解説していきます。

第1条(国籍法の目的)

  1. 日本国民であることの要件は、この国籍法に定める。

第2条(生まれてきた子の国籍の取得)

  1. 子が生まれてきた時に、父親か母親が日本人の時は子は日本人となる。
     

    1. 父 日本人 × 母 日本人 = 子 日本人
    2. 父 日本人 × 母 外国人 = 子 日本人
    3. 父 外国人 × 母 日本人 = 子 日本人

     
    ※上記1.~3.において、いずれの場合も出生による重国籍が発生しうるということだけ頭の片隅にとどめておきましょう。

  2.  

  3. 子が生まれてくる前に死亡した父親が死亡時に日本人だった時も、子は日本人となる。
     

    亡父 日本人 × 母 外国人 = 子 日本人
  4.  

  5. 子が日本で生まれた時に、父親と母親がともに分からない場合、子は日本人となる。
     

    父 不明 × 母 不明 = 子 日本人 (※日本生まれの場合)

     
    子が日本で生まれた時に、父親と母親がともに無国籍の場合、子は日本人となる。
     

    父 無国籍 × 母 無国籍 = 子 日本人 (※日本生まれの場合)


 

第3条(認知された子の国籍の取得)

  1. 父または母が認知した子で20歳未満のものは、認知をした父または母が子の出生時に日本人だった場合で、その父または母が現在も日本人である時、またはその死亡の時に日本人だった時は、届出のみで日本国籍を取得することができる。
     

    父または母に認知された子で20歳未満のもの
     
    ①認知をした父または母が、子の出生の時に日本人だった
     
    ②その父または母が現在も日本人である
     
    ① + ② = 届出のみで日本国籍を取得する

第4条(帰化)

  1. 外国人は「帰化申請」をして、許可を得ることによって日本人になることができる。
     

    外国人+帰化申請許可⇒日本人

お問い合わせはこちら

チアフル行政書士事務所
代表者 行政書士 田中克昌
所在地 〒657-0862 兵庫県神戸市灘区浜田町3-1-8-3A
TEL:078-855-8448
FAX:078-855-8355
MAIL:info@kobekika.info
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時まで 日曜祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab